自己処理のデメリット

ムダ毛の自己処理を続けることのデメリット

ムダ毛が気になったときに手軽に出来る、自己処理。ムダ毛が気になるからといってしょっちゅうエステにいけるわけではありませんから、自己処理のグッズは自宅に常備しておき自分でまめに処理している人がほとんどなのではないかと思います。

 

ですがムダ毛の自己処理にはデメリットもあるのです。手軽に簡単にできるのが自己処理のメリットですが、お肌に行うものなのでメリットについてもしっかり知っておかないといけません。

 

ということで今回はムダ毛を自己処理する際の、デメリットについてお話していこうと思います。

 

自己処理の最大のデメリット、それはお肌を傷つけてしまう可能性が高いところです。自己処理で使うグッズは脱毛ですと脱毛ワックスや脱毛テープ、電気式脱毛器や毛抜きですよね。これらの脱毛グッズはお手ごろな価格のものが多く気軽に手を出せるところがポイントですが、その反面お肌を傷つけてしまうというデメリットがあるのです。

 

まず脱毛ワックスや脱毛テープ。これはワックスやテープを直接お肌に塗るか張ってムダ毛の生えている向きとは逆に一気にはがすものです。なので上手に一気にはがさないと強い痛みがありますし、キレイに抜けません。そして使うワックスやテープには刺激の強いものもあり、それがお肌を傷つけてしまい肌荒れやしっしんが出来てしまうことがあります。

 

次に毛抜きや電気式脱毛器。これはムダ毛を毛根から器具を使いぬき去るものですが、抜く際にお肌にダメージを与えてしまうと、埋没毛が出来てしまったり毛膿炎を起こしてしまうこともあります。

 

ムダ毛処理による肌荒れや疾患は、繰り返しやすいので自己処理を行う際にはお肌を出来るだけ傷つけないように、丁寧なケアが必要となるのです。